トップページ > 美味しまね認証制度とは? > 認証の基準 > 生産工程管理基準 > 原木栽培きのこ

原木栽培きのこ

生産工程管理基準 原木栽培きのこ、 原木栽培きのこを原料とした乾燥きのこ

県産品認証制度を活用しようとする生産者は、常に消費者に安全で安心な林産物を提供することを考えながら、以下に、掲げる認証基準(チェックリスト)に基づく各項目について、まじめに、また正直に取り組むものとする。

生産工程管理基準

印刷用 [pdf:311KB]

経営全般に関する基準

1.経営全般
管理すべきポイント 適合基準
1.1
責任の明確化
1.1.1
責任と権限が明確になっているか。
下記の責任者が明確になっている経営の組織表がある。
(1)ほ場の責任者
(2)商品管理の責任者
(3)農薬使用の責任者
(4)労働安全の責任者
1.2
経営資源の管理 
1.2.1
全てのほ場と施設を把握し、それぞれでの作業を記録しているか。
ほ場地図、ほ場一覧、標識などがあり、すべてのほ場と施設が識別できる。
原木部門、生産部門、集出荷部門ごとに必要な記録が整備されている。(島根県安心きのこ生産マニュアルを参考として)
1.2.2
きのこ生産者自ら開発した技術・ノウハウを保護・活用しているか。
きのこ生産者自ら開発した技術・ノウハウ(知的財産)について、保護・活用するため、権利化・秘匿・公開を行っている。
1.3
食の安全や法令順守
1.3.1
作業者は、年1回、食の安全や法令に関する研修を受けているか。
研修計画がある。又は研修が実施されている。
1.4
生産計画の作成
1.4.1
生産計画があるか。
下記の項目が含まれている生産計画がある。
(1)品目、(2)ほ場、(3)農薬の使用、(4)作業時期、(5)収穫時期、(6)収穫予定数量
1.5
ほ場の衛生管理 
1.5.1
仮伏せ場所、本伏せ場所は、過去1年以内に除草剤を使用していない場所であるか。
除草剤を使用していないことが記録等により確認できる。
1.5.2
仮伏せ、本伏せの期間中、除草剤を使用していないか。
除草剤を使用していないことが記録等により確認できる。
1.6
消費者の信頼構築 
1.6.1
問い合わせには丁寧に対応しているか。
問い合わせ担当者により適切に対応されている。
1.6.2
包装ラベルに生産者名や販売者名、対応責任者の連絡先がわかる情報を表示するように努めているか。
包装ラベルに生産者名や販売者名、対応責任者連絡先等の情報を掲載している。
1.7
記録の保存
1.7.1
記録・帳票類を適切に保管しているか。
(1)きのこの栽培や出荷に関する記録を3年間保存している。
(2)ボイラー及び圧力容器の自主点検の記録を3年間保存している
(3)上記に関する記録以外の記録は取引先等からの情報提供の求めに対応するために必要な期間
1.8
自己点検
1.8.1
生産工程管理基準の「管理すべきポイント」の自己点検を行っているか。また、自己点検の結果、不適合だった項目を改善しているか。
日頃から自己点検を行っている。また、自己点検の結果、不適合だった項目について、適合基準を満たすよう改善している。

2.生産物の安全
管理すべきポイント 適合基準
2.1
原木の安全性 
2.1.1
原木の伐採地が確認されているか。
伐採地が、記録や証明書等により確認できる。
2.1.2
(植菌済原木の購入)原木、増収材、水、種菌のすべての項目が使用条件を満たしているか。
使用条件を満たしていることが証明書により確認できる。
2.2
増収材の安全性
2.2.1
増収材は、成分を確認し、炭酸カルシウム等使用可能なものであることを確認しているか。
成分が確認できる。市販のものの場合は、証明書等により成分が確認できる。
使用可能な資材(成分)
炭酸カルシウム、乳酸、炭酸マグネシウム、硫酸アンモニウム、硫酸カルシウム、硫酸マグネシウム、リン酸二水素カリウム、リン酸水素二カリウム、リン酸二水素カルシウム、リン酸二水素ナトリウム
2.3
水の安全性確保  
2.3.1
散水及び浸水時に、清浄な水であることを目視で確認しているか。
水源地を確認している。透明である。
2.3.2
浸水漕の水は、その都度交換しているか。あるいは水温に応じて交換しているか。
浸水漕の水を、都度交換している。
2.3.3
農薬が混入している恐れのある水は使用していないか。
使用している水の水源の確認。農薬混入の恐れのある水ではない。
2.4
種苗の安全性確保  
2.4.1
種菌を受け入れる際には、目視で確認しているか。
検査記録がある。
2.4.2
種菌は、「しいたけ種菌製造管理基準」(昭和47年10月6日47林野産第285号林野庁長官通知)に準じて製造されたものを購入しているか。
種菌の品質に関する証明書が保管されている。
2.4.3
品種登録制度を守っているか
許諾の必要な種菌については、メーカーとの契約内容を遵守して栽培している。
2.5
農薬の適正保管  
2.5.1 農薬は台帳により管理されているか 農薬の在庫台帳があり、入庫と出庫の記録がつけられている。
農薬は適切な場所で適切な方法で保管されているか。 農薬の保管場所及び保管方法は、下記の項目を満たしている。
(1)作物に使用する農薬と、作物以外に使用する農薬を分けて保管している。
(2)保管庫は強固なつくりである。
(3)適切な温度条件が保たれている。
(4)立ち入り可能な保管場所の場合、通気性がある。
(5)ラベルが読める程度の明るさがある。
(6)農薬関係以外のものは置かれていない。
(7)引火しにくい材質でできている。
(8)棚は非吸収性の材質でできている。
(9)危険性を警告する表示がある。
(10)鍵がかかっており、鍵の管理責任者がいる。
(11)農薬がこぼれないように、また万が一こぼれた際に混ざらないようになっている。
(12)容器からの農薬流出に対処する設備(トレイや囲い、砂、ほうき、ちりとり、ゴミ袋等)がある。
(13)農薬は購入時に入っていた容器のままで保管されている。容器が壊れてしまった場合、新しく入れ替えた容器には元の容器のラベル表示が書き写されている。
2.5.3
他作物用の農薬を所有している場合、きのこ生産に使用する資材とは別の場所に隔離する等適切に管理されているか。
きのこ生産に使用する資材のそばには農薬がない、又は誤ってこぼれたりしても資材にかからないように保管されている。
2.6
ドリフト対策
2.6.1
自らの敷地内を含む周辺の圃場からの農薬のドリフト(飛散)の危険性について把握しているか。
作物の把握。ドリフトの危険性について認識している。自らの敷地内でのドリフトの危険性を認識している。
2.7
農薬の適正利用       
2.7.1
農薬使用の責任者が決まっているか。その責任者は農薬に関する十分な知識を持っているか。
農薬使用の責任者が農薬の選択と使用計画の立案と実行の指示を行っている。その責任者は農薬管理指導士、毒物劇物取扱者、薬剤師などの資格を持っているか、またはこれらの資格を持った技術者の助言を受けている。
2.7.2
登録農薬及び特定農薬だけを使用しているか。
使用禁止農薬を使用していない。また、輸出用作物は、輸出先での使用禁止の農薬が定められている場合、それに従っている。
2.7.3
農薬の収穫前日数と使用回数は守られているか。
農薬散布記録と収穫日の記録によって、使用基準が守られていることが分かる。特に連続して収穫する作物は、誤って収穫するのを防ぐ工夫をしている。農薬散布記録とラベルの指示によって使用回数が守られていることがわかる。
2.7.4
農薬の準備・散布はラベルの指示に従い、正確に希釈しているか。
全ての農薬の準備(混合・希釈)と散布は、ラベルの指示または防除指針に従っている。また、農薬を正確に計ることができる器具があり、平らな場所で水を準備するなど、水を正確に計量している。
2.7.5
農薬散布を準備する場所は、農産物や環境に危害のない状態か。
農薬散布を準備する場所は、農産物や環境に危害のない状態である。
2.7.6
農薬散布機の使用前点検を毎回行い、正確に散布できることを確認しているか。
ノズル、ホース、接合部のチェックなど行い、試運転を行うことで正確に散布できることを確認している。部品・油の交換や修理を行った場合はその記録を残している。
2.7.7
農薬使用後、残った農薬は適切に処理し、農薬散布機を洗浄しているか。
残った農薬の処理は、地域の行政の指導に従っている。行政の指導がない場合は、散布後に残った農薬は規定の散布量を超えないことを確認して散布ムラに散布するか、農産物に危害のない非耕作地に廃棄する。使用後に農薬が残らないように散布機を洗浄している。
2.7.8
農薬散布を適切に記録しているか。
農薬の使用について、下記の項目を記録している。
(1)対象作物及び品種(2)散布場所(3)日付(4)農薬の商標名及び有効成分
(5)希釈倍数と散布量(6)作業者名(7)散布の根拠となった病害虫や除草
(8)農薬散布機・散布方法(9)使用時期(10)責任者名
2.8
農薬の適正処分 
2.8.1
農薬の空容器は適切に保管し、適切に処分しているか。
農薬の空容器の保管は以下のことを守っている。
(1)空容器の処理と保管はラベルの指示に従う。
(2)容器内に農薬が残っていない。
(3)空容器は他の目的に使用しない。
(4)人間、動物、農産物や梱包剤と接触しないように安全に保管、処分する。
また、農薬の空容器の処分は以下のことを守っている。
(1)地域の行政の指導に従って処分している。
(2)地域に回収・処分サービスがあれば、それを利用する。
(3)野焼きをしない等、環境汚染を起こさないようにする。
2.8.2
最終有効年月を過ぎた農薬や使用禁止となった農薬は安全に保管・識別し、適切に処分しているか。
最終有効年月を過ぎた農薬や使用禁止となった農薬は安全に保管・識別し、地域の行政の指導に従って処分している。
2.9
収穫の過程
2.9.1
作業場では、資材ごとに区分し、整理、整頓、清掃の3Sを実施しているか。
整理、整頓、清掃されている。
2.9.2
作業中及び作業場所での喫煙、飲食をしていないか。
喫煙、飲食をしていない。
2.9.3
作業者は、衛生的に作業が行えるよう服装等に十分注意しているか。
清潔な作業着、靴、帽子、手洗いの実践
2.9.4
施設・設備の清浄化に使用する薬剤は、滅菌水等使用可能なものであるか。
滅菌水、消毒用アルコール、食品添加物用アルコール、電解水により清浄化。次亜塩素酸ナトリウムは、原木にかからないように使用している。
菌床のない場合は、次亜塩素酸ナトリウム、二酸化塩素、塩化ベンザルコニウムも使用可能。
2.9.5
手指、器具等の清拭・消毒に使用する薬剤は、滅菌水等使用可能なものであるか。
滅菌水、消毒用アルコール、食品添加物用アルコール、電解水、により清浄化している。
2.9.6
キノコバエ等の昆虫の防除及び発生源の除去に努めているか。
光誘引や粘着テープによる物理的防除や、不適食品の廃棄処理を適正に行っている。
2.10
生産物の取扱
2.10.1
生産物取扱の作業と施設について、病原菌、化学物質、異物混入のリスクを検討しているか。
対策、ルール、手順が文書化もしくは表示されているか。
その対策、ルール、手順を作業者全員に周知し、実行させているか。
病原菌、化学物質、異物混入のリスクを検討した。
その結果、対策、ルール、手順が文書化もしくは表示されている。
その対策、ルール、手順を作業者全員に周知し、実行させている。
複数の農家が共同で利用している包装センター等がある場合には、その施設についても同じ基準を適用する。
2.10.2
作業場では、資材ごとに区分し、整理、整頓、清掃の3Sを実施しているか。
整理、整頓、清掃されている。
2.10.3
作業中及び作業場所での喫煙、飲食をしていないか。
喫煙、飲食をしていない。
2.10.4
食品業界で使用が許可されている清掃用品や潤滑油が使用され、生産物と離れた場所に置かれているか。
食品業界で使用が許可されている清掃用品や潤滑油が使用されており、生産物と離れた場所に置かれている。
2.10.5
動物、害虫などが入れないようになっているか。入ってしまった場合の駆除対策があり、対策を記録しているか。
動物、害虫が入らないようになっている。
駆除記録がある。
2.10.6
保管する場所は温度と湿度が管理され、床が乾燥しているか。
作業場及び保管庫の温度と湿度が記録、点検され、床が乾燥している。
2.10.7
作業者は、衛生的に作業が行えるよう服装等に十分注意しているか。
清潔な作業着、靴、帽子を着用している。
手洗いを実践している。
2.10.8
手指、器具等の清拭・消毒に使用する薬剤は、滅菌水等使用可能なものであるか。
滅菌水、消毒用アルコール、食品添加物用アルコール、電解水、塩化ベンザルコニウムにより清浄化している。
2.10.9
選別・出荷作業中は目視により異物混入がないか検査しているか。
検査を実施している。
2.10.10
異物や不適食品については、除去しているか。
異物や不適食品の除去が行われている。
2.10.11
包装資材は、食品衛生法による容器包装の基準に適合したものを使用しているか。
品質を確認できる証明書等が保管されている。
2.10.12
保管は冷蔵庫で行っているか。
冷蔵庫で保管している。
2.10.13
鮮度保持を目的として食品添加物等を使用していないか。
鮮度保持を目的として食品添加物等を使用していない。
2.10.14
施設から通える場所での手洗い設備やトイレ設備を確保しており、衛生管理を実施しているか。
作業場と区別されたところに衛生的な手洗い場・トイレがある。手洗い場・トイレには清潔な水・石けん・タオル類が常備され、手洗いのルールが表示されている。
2.10.15
生産物の上にある照明の破損対策がとられているか。
照明破損の危険性に応じて、破損防止対策又は破片の飛散防止対策がとられている。
2.11
乾燥等
(加工、乾燥、選別、保存、包装)
※加工とはスライス等
2.11.1
原材料の乾燥施設への搬入にあたっては農薬や、異物の混入がないよう努めているか。
農薬や、異物の混入が無いよう対策を講じている。
2.11.2
原材料台帳があるか。
原材料の採取日、採取場所、採取者、取扱量、食品添加物・防虫・防腐・防かび剤や農薬、家庭用殺虫剤・忌避剤の不使用、記入者、責任者の項目が確認できる台帳がある。
2.11.3
各工程の作業マニュアルがあるか。
作業マニュアルが作成され、関係者が内容を掌握し、実行している。
また、採取から乾燥までの取り扱いや、温度管理、乾燥程度、異臭がないかを確認する内容となっている。
2.11.4
各工程の作業内容が管理されている。
作業記録(日誌等)が作成されており、取扱量や、乾燥開始時刻~終了時刻が確認できる。
2.11.5
各工程で使用する機械や器具の保守点検が適切に実施されているか。
機械、器具の取り扱い説明書に従い、保守点検が実施・記録され、衛生管理がされている。
取扱説明書はすぐに取り出せる場所に保管されている。
2.11.6
各工程で防虫・防腐・防かび剤などを使用していないか。
食品添加物・防虫・防腐・防かび剤や農薬、家庭用殺虫剤・忌避剤を使用していない。また記録で確認できる。(防湿剤は食品では無いこと「例:食べられません」を明示のうえ使用可能)
2.11.7
各工程で、目視等により異物や不適食品の混入がないか検査し、除去ているか。
検査を実施し、異物や不適食品の除去が行われている。
2.11.8
きのこが、乾燥機の直火や直煙にさらされていないか。
乾燥にあたっては灯油、重油、木質燃料等とも、きのこが直火または直煙にさらされていない。
2.11.9
天日乾燥する場合、周辺からの農薬や煤煙にさらされていないか。
周辺からの農薬や煤煙の飛散に対して対策を講じている。
2.11.10
包装資材は、食品衛生法による容器包装の基準に適合したものを使用しているか。
品質を確認できる証明書等が保管されている。
2.11.11
作業場では、資材ごとに区分し、整理、整頓、清掃の3Sを実施しているか。
整理、整頓、清掃されている。
2.11.12
作業中及び作業場所での喫煙、飲食をしていないか。
喫煙、飲食をしていない。
2.11.13
食品業界で使用が許可されている清掃用品や潤滑油が使用され、生産物と離れた場所に置かれているか。
食品業界で使用が許可されている清掃用品や潤滑油が使用されており、生産物と離れた場所に置かれている。
2.11.14
動物、害虫などが入らないようになっているか。入ってしまった場合の駆除対策があり、対策を記録しているか。
動物、害虫が入らないようになっている。
駆除記録がある。
2.11.15
保管する場所は温度と湿度が管理され、床が乾燥しているか。
作業場及び保管庫の温度と湿度が記録、点検され、床が乾燥している。
2.11.16
作業者は、衛生的に作業が行えるよう服装等に十分注意しているか。
清潔な作業着、靴、帽子を着用している。
手洗いを実践している。
2.11.17
手指、器具等の清拭・消毒に使用する薬剤は、滅菌水等使用可能なものであるか。
滅菌水、消毒用アルコール、食品添加物用アルコール、電解水、塩化ベンザルコニウムにより清浄化している。
2.11.18
施設から通える場所での手洗い設備やトイレ設備を確保しており、衛生管理を実施しているか。
作業場と区別されたところに衛生的な手洗い場・トイレがある。手洗い場・トイレには清潔な水・石けん・タオル類が常備され、手洗いのルールが表示されている。
2.11.19
生産物の上にある照明の破損対策がとられているか。
照明破損の危険性に応じて、破損防止対策又は破片の飛散防止対策がとられている。
2.12
商品管理とトレーサビリティー    
2.12.1
出荷先との間で生産履歴が確認できるよう努めているか。
農家ごとに、日にちごとの出荷先、出荷量が確認できる。
共選場において、日にちごとの受入農家、数量が確認できるとともに、出荷日ごとの出荷先、出荷量が確認できる。
2.12.2
認証された生産物と他の生産物が混同することのないようにラインを分ける等の適切な対処がなされているか。
混同防止のための具体的対処方法が検討され、実施できる。
2.12.3
食品表示制度に基づく適切な表示を行っているか。
商品に適切なラベルが貼ってある。
2.12.4
クレームがあった場合には、再発防止策を検討し、作業工程の改善を図っているか。
クレーム対応について記録等があり、改善策が検討されている。
2.12.5
包装ラベルやインターネット等を活用して、消費者への積極的な情報提供に努めているか。
QRコードを活用するなどして産地の情報を積極的に提供している。

3.環境への配慮
管理すべきポイント 適合基準
3.1
環境負荷低減に配慮した肥料・農薬使用
3.1.1
使用した農薬が地下水や河川水などの水源を汚染しないように工夫しているか。
農薬が水源を汚染しないよう工夫している。
3.2
ごみの減少やリサイクル 
3.2.1
生産工程で発生する廃棄物の分別、保管等処理のルールを定めているか。
廃棄物の分別、保管等処理ルールが定められている。
3.2.2
生産工程で発生する廃棄物の分別、保管等処理のルールに従って適正な処理をしているか。
ルールに従って適正に処理している。
3.3
省エネ対策
3.3.1
施設・機械等の使用における不必要・非効率なエネルギー消費の節減に努めているか。
不必要な照明の消灯、適切な温度管理など、エネルギー節減につながる工夫をしている。
3.4
森林環境の保全 
3.4.1
森林の病害虫発生情報の把握に努めているか。
原木伐採を行っている場合に、森林病害虫発生情報を把握している。
3.4.2
被害木がある場合、その移動に配慮しているか。
被害木の移動ルールを守っている。
3.5
生物多様性
3.5.1
鳥獣を引き寄せない取り組みを実施しているか。
栽培資材、不適食品等の管理の徹底等により鳥獣を誘引しない対策や必要に応じてほ場に鳥獣の侵入を防止する対策を行っている。
4.作業者の安全
管理すべきポイント 適合基準
4.1
危険作業の把握
4.1.1
作業者の健康と安全に関するリスクを把握しており、そのリスクを減らすための対策、ルール、手順を定めているか。その対策等を作業者全員に周知・実行させているか。
作業者の労働が過重とならないようにするとともに、健康診断の受診等により作業者の健康維持に努めている。また、作業者にとって危険な場所や作業を把握しており、事故を防ぐための対策、ルール、手順が文書化もしくは表示されている。その対策等が、作業者全員に周知・実行されている。危険な設備・機械を操作する作業者や農薬を取り扱う作業者が十分な訓練を受けたことが記録で分かる。
4.2
保険の加入
4.2.1
事故後のきのこ生産の維持・継続に向けた保険へ加入しているか。
(1)常時雇用の従業員がいる場合、労災保険に加入している(常時雇用の従業員が5人未満の個人事業所を除く)。
(2)必要に応じて任意保険に加入している。
4.3
機械等の適正な利用
4.3.1
安全な機械を使用しているか。
(1)フォークリフトなどの乗用型機械は事故防止対策をとっている。
(2)取扱説明書の内容を理解し、すぐに取り出せる所に保管している。
4.4
燃料等の適正な管理
4.4.1
適切に燃料を保管・管理しているか。
(1)燃料タンク配管からの燃料漏れがないか確認している。
(2)燃料タンクの容量にあった防油堤を設置している。
(3)内容物に適した容器を用いている。
(4)燃料のそばで火気を使用しない。
4.5
服装及び保護具の着用等
4.5.1
作業者は農薬のラベルの指示に従って適切な防護服を着用しているか。防護服と防護装備を適切に保管しているか。
作業者は農薬のラベルの指示に従って、ゴム靴、防水服、ゴーグル、ゴム手袋、マスクなどの防護服を着用している。また、防護服は着用後は洗浄している。
すべての防護服と防護装備は農薬と離れており、換気の良い場所に保管されている。
4.6
事故後の対応 
4.6.1
事故や緊急事態の対応はすべての作業者に明確に理解されているか。緊急時の手順は表示されているか。
事故や緊急時の手順や連絡先が定められており、作業者全員に周知されている。
4.6.2
作業者が事故にあった場合に対処する設備があるか。
作業者が事故にあった場合に対処できるように、近くに清潔な水源があり、救急箱、緊急連絡先と応急措置の仕方が書かれた事故の際の対処手順書が常備されている。

(注1)生鮮きのこに併せ、当該生鮮きのこを原料とした乾燥きのこも同時に申請する場合は、本工程管理基準を含めた全工程管理基準で一括審査するものとする(認証は2品目となる)。

(注2)既に生鮮きのこで美味しまね認証を取得している生産者が、認証を取得しているきのこを原料とした乾燥きのこを別途申請する場合、原料生産に係る生産工程管理基準(2-1~10)は審査から除外する。更新に併せて同時に申請する場合は(注1)に準じる。





ページトップ