トップページ > 美味しまね認証制度とは? > 要領

要領

(目的)
第1条 この要領は、安全で美味しい島根の県産品認証制度実施要綱(以下、「要綱」という。)に基づき、必要な事項を定めるものとする。

(第三者委員会)
第2条 要綱第3条の規定により設置する安全で美味しい島根の県産品認証制度検証委員会及び安全で美味しい島根の県産品認証審査委員会(以下、「審査委 員会」という。)は、別に定める第三者委員会設置要領によるものとする。


(認証基準)
第3条 知事は、要綱第4条の規定により、次の各号に掲げるところにより認証基準を設定するものとする。

 (1) 要綱第4条第1項第1号の規定による安全性を確保する基準については、より安全な農林水産物を生産するために必要な事項を定め、それを実践して、記録に残す取り組みである生産工程管理手法に関する項目を設定する。
 (2) 要綱第4条第1項第2号の規定による品質を確保する基準のうち、アの安全強化基準については、農林水産物のより高い安全性の確保に関する項目を設定する。
 (3) 要綱第4条第1項第2号の規定による品質を確保するイの嗜好性基準については、味、香り、食感、外観又は鮮度等に関する項目を設定する。
 (4) 要綱第4条第1項第3号の規定による地域の独自性を確保する基準については、地域の特別な栽培方法又は品種特性を有するなど、豊かな地域特性に関する基準を設定する。
 (5) 要綱第4条第2項の規定による団体事務局が守るべき基準については、農林水産物の統一的な生産出荷基準及びその遵守に関する項目を設定する。

2 農林水産部長は、要綱第4条第3項の規定により、前項の基準を作成したときは、審査委員会の審査に付すものとする。


(認証の申請及び受理)
第4条 認証を申請しようとする生産者は、要綱第7条の規定により、申請書(様式第1号)、及び誓約書(様式第2号)を当該生産する農林水産物の所在地を管轄する隠岐支庁長、農林振興センター所長又は水産事務所長(以下、「農林振興センター所長等」という。)に提出するものとする。
  ただし、 要綱第4条第1項第2号イの規定による嗜好性基準の認証を受けようとする申請者は、美味しさアピール提案書(様式第1号-2)により具体的な取り組みについて提案するものとする。

2 前項において、要綱第4条第1項第3号の規定による地域の独自性を確保する基準の認証を受けようとする申請者は、当該基準に係る具体的な取り組みについて提案するものとする。

3 農林振興センター所長等は、第1項の規定により提出された申請書類について、受理の上、申請書類の各項目の記載内容を確認し、農林水産部長へ進達するものとする。


(認証基準適合の審査)
第5条 農林水産部長及び農林振興センター所長等は、要綱第8条第1項の規定 により、前条の規定により提出された申請について、認証基準(安全強化基準、嗜好性基準、地域特性基準及び団体事務局基準については、それぞれ認証要件となっている場合に限る。)に基づき、次に掲げるところによりその適合の可否を現地審査するものとする。

(1) 農林水産部長は、審査の実施について、事前に申請者に認証基準審査実施通知書(様式第3号)により通知する。
(2) 審査は、申請に係る農林水産物の生産出荷期間中等の適切な時期に、現地において目視、聞き取り及び計測など適切な方法で行う。
(3) 認証基準に適合していない項目があった場合で、早期に改善が可能である項目については、改善された後、再審査を行う。
(4)審査については、第1号から前号に掲げるもののほか、別に定める現地審 査規程による。

2 農林水産部長は、要綱第8条第2項の規定により、前項の現地審査が終了したときは、審査委員会の審査に付すものとする。


(認証書の交付等)
第6条 知事は、要綱第8条の規定により、認証を決定したときは、当該申請者に対し認証書(様式第4号)を交付するものとする。
2 知事は、要綱第8条の規定により、認証できないと決定したときは、当該申請者に対し認証しない旨をその理由を付して通知するものとする。


(認証書の保管)
第7条 認証取得者は、認証書を適正に保管するとともに、認証書を紛失又は破損したときは、遅滞なく知事に届け出て、認証書の再交付を受けるものとする。


(認証内容の変更届)
第8条 認証取得者は、要綱第10条の規定により、次のいずれかに該当する事由が生じた場合は、認証申請事項変更届(様式第5号)により、遅滞なく知事に届け出るものとする。
 (1) 認証取得者の住所、氏名、所在地、名称又は代表者が変更になったとき
 (2) 認証申請時の事務局責任者、品質管理責任者又は施設管理責任者が交替したとき
 (3) 生産工程の外部委託を新たに始めたとき、あるいは、その内容に変更があったとき
 (4) 団体の認証において、構成員(生産者)の変更又は集出荷調整施設の新設若しくは変更があったとき
 (5) その他農林水産部長が報告を必要と認める事項が生じたとき
2 農林水産部長及び農林振興センター所長等は、前項第3号から第5号において第5条の規定に準じ、必要に応じて認証基準適合の確認を行うものとする。
3 知事は、変更届に基づき、認証書(様式第4号)記載事項に変更が生じた場合は、認証書を再交付するものとする。


(認証の更新申請)
第9条 認証期間の更新を申請する認証取得者は、要綱第11条の規定により、その認証の有効期間が満了する日の2か月前までに、第4条の規定に準じ更新申請を行うものとする。


(更新申請の受理及び審査等)
第10条 前条の規定により提出された更新申請書類の受理及び審査等については、第4条から第6条の規定に準じて処理するものとする。


(認証の表示)
第11条 要綱第12条の規定による認証マークの規格及び使用方法等については、別に定める認証マーク使用規程によるものとする。


(残留農薬検査等)
第12条 農林水産部長は、要綱第13条の規定による残留農薬検査等については別に定める残留農薬等検査規程に従って実施することができるものとする。


(実績報告)
第13条 認証取得者は、要綱第14条の規定により、毎年1月から12月までの認証された農林水産物の生産出荷等の実績について、翌年1月末までに生産出荷等実績報告書(様式第6号)により、農林水産部長に報告するものとする。


(監査)
第14条 農林水産部長及び農林振興センター所長等は、要綱第15条の規定により、認証取得者の当該農林水産物の生産出荷等の状況について、次に掲げるところにより監査するものとする。
 (1) 農林水産部長は、監査の実施について、事前に認証取得者に認証基準監査実施通知書(様式第3号)により通知する。
 (2) 監査は、申請に係る農林水産物の生産出荷、流通、販売期間中等の適切な時期に、現地において目視、聞き取り及び計測など適切な方法で行う。
 (3) 認証基準に適合していない項目があった場合、改善を指導し、再監査する。
 (4) 第1号から前号に掲げるもののほか、別に定める現地審査規程による。


(認証の取り消し)
第15条 知事は、要綱第16条の規定により、認証の取り消しを決定したときは、当該認証取得者に対し、認証取消通知書(様式第7号)により通知するものとする。
2 要綱第16条第1項第6号について、認証取得者は、認証された農林水産物の生産を取りやめたり、要綱第6条に規定する申請者要件を満たさなくなった場合には、速やかに認証取り下げ届(様式第8号)を、当該農林水産物の所在地を管轄する農林振興センター所長等に提出するものとする。
3 農林振興センター所長等は、前項の規定により認証取得者から提出された届けについて、受理の上、書類の内容を確認し、農林水産部長へ進達するものとする。


(事故等の対応)
第16条 農林水産部長、農林振興センター所長等及び認証取得者は、要綱第20条の規定により、事故等が発生した場合においては、別に定める危機管理行動規程に従って適切に対応するものとする。


(書類等の保存)
第17条 認証取得者は、当該認証の申請、報告等の手続きに係る書類について、その手続きがなされた日が属する年の翌年から4年間保存するものとする。
2 認証取得者は、当該認証産品の生産工程管理に係る帳簿、記録等について、第3条の規定により設定された認証基準に従って保存するものとする。


(農林振興センター等の関与)
第18条 要綱及びこの要領の規定により認証の申請者等が農林水産部長に提出する書類については、2部とし、農林振興センター所長等を経由するものとする。
2 農林振興センター所長等及び農業技術センター所長は、認証を受けようとする生産者等に対して、農業普及員等による指導・助言に努めるものとする。


 附則
 この要領は、平成21年1月21日から施行する。
 附則 
  この要領は、平成23年1月4日から施行する。
 附則 
  この要領は、平成27年4月1日から施行する。
 附則 
  この要領は、平成28年4月1日から施行する。




ページトップ